私が20代の後半の頃、胸に小さなシコリがある事が自分で分かりました。

慌てて近所の病院に行きましたが、エコー検査だけしか出来ず、後のマンモグラフィは

大きな病院に行って調べる事になりました。

腫瘍の大きさが1cmくらいだったので、きちんと調べた方が良いと言われ細胞診などの検査まで

行われました。

結果、乳腺症という良性の腫瘍なのでそのまま放って置いても大丈夫と言われ、何年もそのまま放置していた状態でしたが、それから、10年近く経ったある夏の夜、お風呂上りでTシャツを着ていたら胸から赤い汁のような

物が出ている事に気づきました。

その時、もしかすると以前の乳腺症かもしれないと思い、乳房を絞ると血液が出て来ました。

私は乳癌が頭に浮かび近くの乳腺外科に慌てて受診しました。

すると医師はシコリの部分の中に何か見えて、それが癌かも知れないと言われ、良性だとしても手術してシコリは取った方がいいという事でした。

その後、シコリは病理組織に出されて私の場合は良性腫瘍でしたが、結果が分かるまで生きた心地がしませんでした。

その出来事以降、年に1度の乳癌検診は欠かさず行っています。

現在6歳の息子は発達障害があります。
言葉の遅れに理解力も低いこと、また慣れない場所が苦手という特性もあり、病院は鬼門でした。
小児科や耳鼻科などで、泣き喚いている子どもはよく見かけますが、だいたい3歳くらいまでで、4歳くらいで理解力がついてきたり、我慢を学ぶとだいたい大人しくなってくるものです。
しかし息子は4歳でも5歳でも現在も、イヤなことはイヤだと全力で泣き喚きます。
病院では何科でも当然発達障害があること、騒いでしまうことは告げてから診察をしてもらいますが、中には「暴れると治らないよ」と怒られたり「障害はあってもしつけはちゃんとしないと…」などど無理解なことを言われ、悲しい思いをすることも数々です。。
現在発達障害児が増えているため、小児科は割と理解のあるところも多いのですが、皮膚科、眼科といった専門家ではまだまだ理解が薄いと感じます。
発達障害への理解を促すよう病院にパンフレットを配っているような協会もあるので、理解の広まりをこれから期待したいです。

PR|オーディオ|生命保険の口コミ.COM|貯蓄|お家の見直ししま専科|心の童話|工務店向け集客ノウハウ|英語上達の秘訣|初値予想|JALカード|クレジットカードの即日発行じゃけん|住宅リフォーム総合情報|女性向けエステ.com|お小遣いNET|生命保険の選び方|英語上達の秘訣|女性の人生|家計見直しクラブ|