母は、40歳の時に乳がんを患いました。
シングルマザーであり、娘の私と私の妹の子供2人の子育てをまだ終えていない中で、闘病しなければならず、当時はフルタイムで仕事も抱えていましたし、闘病するにも時間的な制約もあり、とても苦労していました。
特に、抗がん剤治療を行いながらのフルタイムの仕事は、体調と相談しながらで大変だと言っていました。

私の母は、比較的、初期の乳がんでしたが、抗がん剤治療を続けていく中で日々の体調が常に万全というわけではなかったので、勤務していた事業所に乳がんの闘病中であることを打ち明け、勤務時間の短縮や、勤務日数の調整をおこなってもらったそうです。
私や私の妹、当時一緒に住んでいた母の父母には、不要な心配をかけまいと乳がんを患っていることは一切言っていなかったので、完治後に癌であったことは話してくれましたが、黙っている苦労もあったと思います。

癌という病気は、不治の病ではなく、早期に発見をし治療を始めれば、元の生活に戻れる確率も高いので、普段からの健康診断や検診をすすんで受けるようにして頂きたいと思います。