私は病気により、特定疾患に該当する身体障害持ちになり、現在も定期健診、お薬を手放せない状態です。

とはいえ、私が発症している部位は体の一部分なので、日常生活がそこまで急変した訳ではありません。早期に病院へ行ったことがよかったのだと思っています。

病気発覚前から、私は週一くらいのペースで肩こりと腰痛治療の為に町の整形外科に通院していました。そのため、最初に体に異常があらわれた時、その整形外科の先生(かかりつけのお医者さん)

に、軽く相談して診てもらったら、即『自分はおそらくこの症状に関しては管轄外、大きい病院で診断してもらった方が良い』と言われ、紹介状を書いてくださり、そのまま総合病院へ行き、検査尽くしとなりました。結果、神経内科で診る症状であったことが発覚したので、かかりつけの先生の言ったことは間違っていませんでした。

この一連の件で思ったことは、まず異常を感じたら、相談しやすい町医者の先生に話してみること、そして大きい病院に行く場合、紹介状を書いて頂くことです。『管轄外』と言われると突き放されたように感じますが、解らないことをはっきりと告げてくれるということは、嘘をつかずに向き合ってくれているということです。そして、紹介状には症状が記載されているので、総合病院での検査もスムーズに行きます。

ちなみに、紹介状なしで総合病院に行くと、待ち時間がとっても長く事に加え、金額もかなり上がってしまうので注意しましょう。

PR|乳がんの検診画像を比較|